友人『松下ヨシナリ』の過酷な挑戦が幕を閉じた。。 http://44ma2.com/
一台のレーサーをただ走らせるだけでも多種多様な複合要素を要する世界なのに、3人のライダーが24時間ブッ通しで走らせるというのだから尋常じゃない。
 
自分も一度は志したことのある世界だが、最近では心身ともにいかに無謀だったかと身に滲みる。。
今ではすっかり紅葉やサクラを眺めながら、ゆったりと春秋ツーリングを楽しむオッサンライダーと化した。(夏と冬は近所しか乗らない(^^;)
 
 
写真はまだ十代の頃、富士スピードウェイへ走行練習に通っていた時のもの。
筑波サーッキトの走行ライセンスも取得していたが、そちらはほとんど行かなかった。。
イメージ 1
第一コーナー突入時のブレーキングで感じた、心の臓が飛び出るような恐怖感は今でも薄っすらと記憶の隅に...。