今年の年賀状でも使用したオリジナル・ジオラマ『龍艦島』の全景です。
イメージ 1
大阪浪速区の『軍艦アパート』がモデルになっています。
『出屋』と言われる壁から張り出した増築部分をゴチャゴチャに配置し、カオスな雰囲気を醸し出しています。
左の建築物は、江戸の吉原遊郭がモデルです(^^
イメージ 2
製作当時は『龍馬伝』にハマっていたので、『寺田屋』もつくりました!(右奥)
小屋一つの大きさは約3cm~5cmです。
モルタル調の壁はベニヤに修理用パテを塗り、ヤスリで削ってオイルステインで着色。
配管・トタン屋根・煙突類は真鍮をハンダして製作。
小屋の材料は全て薄い木をさらに削いで、いわゆる本物の家を建てる時の材木を製作してからそれを組んでいます。
 
次はもっとデカイものを造ります!