芳賀先生の作品群で、私が一番好きなのがこの『東屋』!
イメージ 1
元々は芳賀先生が銀座伊東屋の会長から『初代伊東屋』を模型で復元して欲しいとの依頼を受けて、たった一枚のモノクロ写真から製作したもの。 1/12スケール
圧倒的な威厳を感じる作品で、巨大なオーラを発している!
 
以下先生談
『東京銀座伊東屋は老舗の文具店として有名だ。開店は1904年(明治37年)。ちょうど日露戦争が勃発した年である。STATIONERY(文房具)と横文字のはいった美術的サインボードや、その上段に位置するゴシック風造形看板など、店の面構えは芸術的でモダンだ。この伊東屋一号店は現在の場所・銀座2丁目ではなくずっと新橋よりに位置していた。現銀座8丁目、中央通りに面して建つ博品館ビルは、当時は「帝国博品館」という商業施設で、伊東屋一号店はこの施設の一角で産声をあげた。』
 
 
そしてこの作品!
まさに今さっきまで客が居たかのよう...。
イメージ 2
ニコレットの居酒屋 1/12スケール
 
先生談
『2006年10月20日、禁煙グッズ「ニコレット」のテレビCMを制作中という方から連絡があった。新しいCMの背景には居酒屋を使う予定だが、それをミニチュアでつくってほしいという。撮影は11月9日と決まっていて、これは変更できない。となると制作には20日しかとれぬキビシイ日程だ。丸一日考えたすえにOKし、ただちに制作にとりかかった。』
 
展示作品の中ではダントツ人気で、コレを見たお客さんは皆歓声をあげている!
 
今日は会期中日。。 あと残り4日です!